スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】ニンテンドー3DSとニンテンドー3DSLLはなぜあのようなデザインなのか

というわけで今回はこういうテーマです。
久しぶりの記事がこれです。なんかごめんなさいね。
任天堂にそこそこ熱心な方じゃないと苦痛でしかないと思うので、引き返したほうがいいかもしれないかたは今の内に引き返してくださいね!

まず最初にお断り。
本来この記事はスライド的なかんじで写真とともに書ければ一番なのですが
・画像の用意・アップロードが面倒だった
・画像の権利関係の問題への配慮
・知名度がある程度あり、知らなかったとしてもすぐに画像が見つかる
・そもそもこれを読んでいる人はこれらの商品を知っている
などを理由としてテキストのみで進行致します。
ぶちゃけ下3つは綺麗事みたいなもんで本音は最初の一つだけです。
そして、当記事内で語られていることは推測であり、任天堂とその関係各所からのいかなる情報もありませんので、信憑性を保証するものは「私がそう思う」ということ以外にはありません。
くれぐれもその点ご承知の上でお読みください。

で、前置きはこれくらいにして。

まず、3DSと3DSLLを見比べてみましょう。
3DSはカラーリングは多々ありますが、どれも派手めな色で光沢のあるボディをしています。
一方3DSLLはわりと地味な色でかためられていて、質感もマットであまり派手とは言い難いものです。

今回は、なぜ3DSは派手で3DSLLは地味なのか? という記事となります。

さて、そもそも3DSというものはどういうものか?
3DSはご存知ニンテンドーDSの後継機にあたります。
ニンテンドーDSは本当に驚きがたくさんありました。
二画面という発表当時は誰もが良くも悪くも大変驚いた奇妙なデザイン。
その印象に反して、類を見ない程の速さと量を記録した売上。
そして、後から出てきた互換機もあまりにも好調に売れました。

ニンテンドーDSは何もかも強烈でした。大きな存在感がありました。
が、それはどういうことになるか? そのあとを継ぐハードには大きなハードルが待ち受けることとなるのです。
しかも、強烈な特徴であった二画面という特徴も使えません。
これが3DSが立ち向かわなければならなかったハードルです。

そこであれほど派手なハードが誕生したのだ。と私は思います。

例えば同じ色・同じ質感のDSと3DSを用意したとしたら、任天堂にたいしてとても熱心な方でも見分けるのが少々困難であるはずです。
これを解決するのが派手な色。
が、これだけではDSiなどとかぶります。 そこでもう一工夫。あのキラキラの加工とつるっつるの表面です。

ここまでやれば見分けるのは簡単。
3DSはお客さんに遊んでもらうと同時にまわりの人への強烈な広告となります。
3DSの広告の邪魔をする、そして先輩であるDSの山の中でも存在感を示せるのです。

つまり、3DSは派手である必要があったのです。

さて、では3DSLLはといいますと…
3DSLLはすでに3DSが売れている中で発売されたわけです。
外にゲーム機を持ち運んでまでゲームをする人全てに行き渡っているであろう台数は売れている状態でした。
ということは、3DSの宣伝を阻むものは他社のハード意外に存在しない。
そして、3DSはすでにある程度の知名度をもっている。ですから、3DSLLが広告塔の役割を担う必要は無かったと言えます。


と、ちょっとここで少し細かい考察。 読み飛ばしても構いません。
そんな中ですが、3DSLLの発売を前にしてあろうことか3DSの知名度を脅かすかもしれないものが出てしまいました。
ご存知、"ニンテンドーDS専用ソフト"「ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2」です。
普通であれば、ここでDSシリーズが息を吹き返し3DSの知名度が脅かされてしまうものですが、これは3DS専用の関連ソフトを用意し「3DSで遊んだほうがお得だ」とも思える状態を作り出したため、3DSの邪魔となることはおそらく無かったのではないかと思います。
これは本当に良い発想だなぁと思いました。


そういうわけで、目立つことを強いられなかった3DSLLはひたすら快適性を求めた設計・デザインが可能であったわけです。
広告塔の役割を担うにしてもすでに3DSというものが定着していますから、ただ大きいだけで派手でなくても十分に役割を果たしてくれます。
これが、3DSLLが比較的地味である理由です。


というわけで、3DSと3DSLLはああいったデザインなのです。
こういうことを考えるのもなかなか楽しいなぁと思います。

長々とした文章ですが最後までお読み下さってありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リーブル

Author:リーブル
かなり気まぐれ。
ゲームの話が多いかも?

最新記事

カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。