スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御神体

今回も初音ミク Project mirai 2に関連したお話になります。
http://miku.sega.jp/mirai2/special_illust_message.html
Project mirai 2は発売後のある時期、クリエイター色紙プレゼントをやっていました。
上記アドレスの場所から「メッセージをみる」をクリックすると、色紙の見本写真が見られます。

私も応募しました。応募の際は、この色紙が欲しいというのを指定する必要がありました。
私が応募したのは…
プレイ時間の7割とか8割を注ぎ込んだのではないかと思われるほどドハマりした、「アマツキツネ」の色紙です。
http://miku.sega.jp/mirai2/special_illust_message_18.html

応募は複数件できたんですけど、それ一件しか応募しませんでした。
他の色紙には大して思い入れがないので、他の色紙は他の人のもとに渡ったほうが色紙もそれを描いたクリエイターさんも幸せだろうと思ったからです。例えモノであっても、幸せな運命を辿って欲しいし。「命が吹き込まれている」と言っても過言ではないほどのものですから、なおのことそうあるべきです。
逆に言えば、アマツキツネに関してはそれほど思い入れが強かった。ということでしょう。
もし私のもとへとやってくるのであれば、他の誰のもとへ行くよりも幸せな運命をご用意して差し上げたいという思いでした。
とはいえ、そんなことを言っていても実際に私のもとへと来なければ元も子もありません。
では、抽選の結果がどうだったかというと…
もうお察しでしょう。当選しました。

しかし、私の元へやって来たことは喜ばしいことであると同時に、悩ましいことでもありました。
なぜなら、私「だけ」のものでなく、みんなのものであるほうがこの色紙も幸せに違いないと思ったからです。
それに、こんな素晴らしい絵が私にしか見られないというのも非常に勿体無い。
ですから、できるだけ誰でも見られる状態にしておきたいと思いました。そういうわけで、このブログに写真を掲載しておこうと思います。
アマツキツネ
クリックすると大きなサイズで見られます。

到着当時のこと。
あまりにも畏れ多くて、額を買ってくるまで梱包を開けられずにいました。
額に入れる時でさえできるだけ触れないようにしたくて、結局指の先っぽが2,3度触れた程度。それがこの色紙に直に触った回数です。
いえ、ちょっと嘘をつきました。実は今回掲載した写真はその後に撮ったものです。なので、その時に額からの出し入れがありました。
その時にも数回触れましたから、合計10回弱というところでしょうか。
そして、その時に分かったのは額のガラスが結構汚れていたり、くすんでいたということ。
これでは申し訳が立たないので、もっと良い額を用意せねばと思います。

これだけ丁重に扱っているので、記事のタイトルは「御神体」としてみました。
まあ、アマツキツネの作中にも神ではないかと思われる表現はありますし、本当に神様なんでしょうかね。

神様はいるかいないかではなく、信じるか信じないかだと思います。実際、古事記に出てくる神様だって、最早そういうものですしね。
信じる心の前では、実在するかしないかというのはあまりにも無意味で無力な話です。
ですから、この色紙も立派な御神体であると思います。
スポンサーサイト

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リーブル

Author:リーブル
かなり気まぐれ。
ゲームの話が多いかも?

最新記事

カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。