スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外版のニンテンドー3DSソフトについて

一つ前の記事のニンテンドー3DSのリージョンコードとあわせて読むといいかもしれません。
http://liblu.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
今回は、海外版のニンテンドー3DSソフト(および本体のこと)の仕様についてです。
まず前置きさせていただきたいことは、今回の記事の内容は北米版の3DS本体と「とびだせどうぶつの森」、欧州版の本体と「とびだせどうぶつの森」で確認した事実に基づくものです。従って、他のタイトル 特に任天堂以外のパブリッシャーが発売するソフト全てに同じことが言えるとは限りませんのでご理解願います。

日本版の3DSしか知らない我々にとっては驚きの話ですが、海外版の3DSおよびソフトは複数の言語を収録し、ユーザーは使用する言語を自由に選べるのです。
フランスで買ったらフランス語しか使えない、アメリカで買ったら英語しか使えないなどということはありません。どちらも複数の言語から選んで使用できます。
北米版の3DS本体は使用言語を英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語から選べます。
欧州版はさらに多く、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・オランダ語・ポルトガル語・ロシア語から選べます。

ただ、これはとび森でしか確認していないことなので、全てのソフトでそうなのかは分かりません。これは私の想像ですが、小規模なパブリッシャーが発売するソフトの中には一部の言語にしか対応していないものがあるのではないかと思います。どの言語を選んでも英語でしか遊べないとか。
なお、ソフト内で使用される言語は本体で使用している言語に準拠します。(ポケモンみたいにソフト内で選べるものは別です)しかも、セーブデータ作成後に使用言語を変更しても一切問題ありません。セーブデータが初期化されることもありません。変更回数の制限等もありません。

私は単純に「海外版のソフトが欲しい」という理由で北米版・欧州版のとび森を購入しましたが、「いろんな言語であのソフトを遊びたい」という理由で海外版のソフトに手を出す人は、欧州版を買うのが一番おトクだと言えるでしょう。もちろん、欧州でそのソフトが販売されているのであれば という条件が付くことになりますが。

そして、全ての言語で遊んでみたい!という方は以下のように本体・ソフトを買えば良いということになります。(もちろん、ソフトが発売されていればの話ですけど)
日本版&上海版または台湾版&欧州版&韓国版(&南米版?)
ただし、台湾・上海向けに中国語ローカライズされるソフトはけっこう少ないです。あちらでは日本語のままソフトを発売することもしばしば(しかも日本語版だからといって日本版本体で起動できるわけではない)
ところで、南米って公用語は何でしょうか。英語が多いのかな。もし英語なら、南米版は買う必要無くなります。

あ、そうそう。
当たり前ですが3DSは充電しないと遊べなくなってしまいます。
海外ってコンセントの電圧とか差込口形状とか違うし、海外版の3DSの充電はどうすればいいの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その心配はいりません。3DSの充電ケーブルは、コンセント側の仕様は国ごとに違いますが、3DSへの入力側は外観も含めて全ての国で共通です。
つまり、あなたが日本にいるのであれば日本仕様の充電器で全ての国の3DSを充電できます。逆に言うと、イギリスに旅行に来た時は日本で買った3DSもイギリス仕様の充電器で充電する必要があるということです。もちろん、海外旅行の必需品「変圧器&変換プラグ」があれば話は別ですが。
ちなみに、時々他国仕様のコンセントを備えているホテルがありますが、日本仕様の充電器は100-120Vの電圧で使用できるので、宿泊先にそういうコンセントがあるか調べておくといいかもしれません。ホテル予約サイト等では「110ボルトコンセント」などと書かれていれば、日本のコンセントが使えるということです。どうでもいいけど、日本と同じ100ボルトのコンセントはあまり無いらしい?

ちょっと話が散らかってしまいましたが…
今回はこのへんで。なんか書き忘れてる気がしないでもないですが気にしない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リーブル

Author:リーブル
かなり気まぐれ。
ゲームの話が多いかも?

最新記事

カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。